トランクルーム・レンタル倉庫を格安で借りよう!

こんな悩み・経験ありませんか?

  • なんか物がたくさん増えてきて座る場所もなくなっている
  • 出張で家を長く空けるから大切な荷物をどこかに預かってほしい
  • しばらく使わないけど大切なものがある
  • 誰にも邪魔されない自分だけの秘密基地がほしい

このような悩みを抱いていないでしょうか?中々人に相談できずに一人悩んでいる貴方に朗報です!トランクルームというのをご存知でしょうか?トランクルームは密閉空間でありながら、収納能力も高く格安のこのトランクルームならこれらの悩みをすべて解決することができます。

しかし、トランクルームと言ってもあまりピンとこない人の方が多いかもしれません。安全性はどうなのか、初めて使う時でも大丈夫なものなのか、そもそもトランクルームとは何なのか知らない人も数多くいると考えられます。それに折角トランクルームを選ぼうかなと考えた以上、自分に合ったものを選びたいと思うのは当然でしょう。

そこでこの記事ではそもそもトランクルームとはどういうモノなのかから、トランクルームの良さ、値段の格安さ、自分に合ったトランクルームの選び方まで徹底比較していきます。是非参考にしてみてください。

格安トランクルームおすすめランキング

では最後に格安で使えて、尚且つ質もいいトランクルームのランキングを紹介していきます。知っている業者やあれ?これってトランクルーム業者じゃなくて別のところじゃない?と思う人もいるでしょうが、それぞれがそれぞれのいいところを持っているので、一番自分が探しているトランクルームに合ったものを選んでいきましょう。

運営年数や、全国展開規模、各トランクルームによってどんなサービスがあるのかなどを知れば使う人も安心して借りに行くことができるかもしれません。

1位ハローストレージ

最大1年間半額のスーパーセールや、使用量6ヶ月半額の目玉部屋キャンペーン実施中!!⇒キャンペーンの詳細を確認する
格安ランキング1位は、北は北海道、南は鹿児島まで全国展開を可能としている大手会社ハローストレージ。全国に60000以上のコンテナルームを誇るその数はやはり業界1位でしょう。屋外、屋内、バイクと3つのコンテナルームもしっかり管理していて、平成7年に創業して以来その幅を広げてきています。

ALSOCやセコムなどの大手警備会社と提携しているので安心して保管することができますよ。さらに24時間365日対応しているので急なことにもすぐ対処できるので魅力的です。値段ももちろん格安です。

おすすめ度
収納タイプ

トランクルーム

コンテナ

ミニボックス

倉庫

バイクコンテナ

エリア 北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、山梨、新潟、長野、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、岐阜、静岡、三重、富山、石川、福井、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、香川、徳島、愛媛、高知、福岡、佐賀、鹿児島、長崎、熊本、大分、宮崎、沖縄
月額使用料 1,500円~

2位キュラーズ

今だけ!8/23まで月額利用料が20~30%オフのお得キャンペーン実施中!⇒キャンペーンの詳細を確認する
格安ランキング2位はキレイ、安心、便利のスローガンを掲げているトランクルーム会社キュラーズ。従来のトランクルームとは違い、ビル1棟を丸ごとトランクルームとして扱う大胆な戦略を取っています。そのため、格安の料金に加え綺麗な外観に加えて中も清潔感あふれるモノとなっています。

無料駐車場も完備されているため、車でも安心して預けに来ることができるでしょう。セキュリティもしっかりしていて、女性でも安心して利用可能です。

もちろん24時間365日利用可能。若干、預けられるものが限られてしまうのでそこは注意が必要です。

おすすめ度
収納タイプ

トランクルーム

コンテナ

ミニボックス

倉庫

バイクコンテナ

エリア 東京、神奈川、千葉、名古屋、大阪、札幌、新潟、広島、北九州、福岡
月額使用料 3,000円台~(店舗によって価格が異なる)

3位宅トラ

格安ランキング3位は特殊なトランクルーム体系である宅トラ。これは大手運送会社の黒ネコヤマトが提供しているサービスになってきます。便利なのは荷物の大入れが料金も格安ながらWEBで気軽にできてしまうということでしょう。

必要な時にすぐに出し入れができるというわけではないようですが、自分で行くのが面倒くさいという人にとってはまさにうってつけのトランクルームになっています。

収納するものが限られてきてしまうため、注意が必要ですが保管場所は温度管理がされた郊外にあり出し入れも黒ネコヤマトのほうでやるようなので、安心して任せることができるでしょう。

おすすめ度
収納タイプ

トランクルーム

コンテナ

ミニボックス

倉庫

バイクコンテナ

エリア 全国
月額使用料 4,980円~

4位スペースプラス

賃料が最大3ヶ月分or最大2ヶ月分無料の超お得なキャンペーン中!⇒キャンペーンの詳細を確認する
格安ランキング4位は1か月2520円という格安な値段で広いスペースを借りることができるのが、このスペースプラス。24時間利用可能で尚且つセキュリティ対策もしっかり取っているから安心でしょう。

こちらは屋内、屋外、バイクとコンテナタイプが3種類あり、比較的アクセスがしやすいところにあることが多いのですぐに大事なモノを出し入れしていくことが可能となってきます。

投資家向けのビジネスや、フランチャイズなども展開していてこれから大きくなっていく可能性がある会社になっています。

おすすめ度
収納タイプ

トランクルーム

コンテナ

ミニボックス

倉庫

バイクコンテナ

エリア 宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、新潟、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、高知、福岡、大分
月額使用料 2,520円~

5位サマリーポケット

9/30まで!5箱まで無料!ボックス代0円キャンペーン実施中!⇒キャンペーンの詳細を確認する
格安ランキング5位は格安の250円からで荷物を預けることができるのが、サマリーポケット。こちらはアプリタイプなのでスマホやタブレットなどがあれば最も手軽にモノの出し入れが可能となります。

煩わしい契約などもなく、すぐに簡単にモノの出し入れをすることができるのです。しかし、預けるモノの大きさがすごく限られてしまうのが引っ掛かるところでしょう。

1つのボックスに入るだけのものしか預けることができないため、もちろんバイクなどの大きなものはできません。

しかし、1点から取り出し可能といった具合に小さいところも良く気の利いたサービスが魅力的です。

おすすめ度
収納タイプ

トランクルーム

コンテナ

ミニボックス

倉庫

バイクコンテナ

エリア 全国
月額使用料 250円~

6位SOLA

格安ランキング6位はこちらもトランクルームが見えないタイプの会社SOLA。初期費用なしの比較的格安の料金で、たくさんのモノを預けることが可能となります。

アプリをダウンロードし、集約する荷物や日付などの詳細情報を入力。その後。配送車により預けられるというシステム。やはり24時間すぐにモノを取り出せるわけではないものの、しっかりとした管理体制により預かってくれます。

さらに値段は初期費用なしの、預けた機関だけの計算となるので預けるということだけを望むならば安価で使い勝手がいいため、おすすめでしょう。

おすすめ度
収納タイプ

トランクルーム

コンテナ

ミニボックス

倉庫

バイクコンテナ

エリア 東京、大阪、兵庫、愛知、京都、岡山、広島、福岡
月額使用料 300円~

7位LIFULLトランクルーム

格安ランキング7位は全国展開している不動産業者としても名高いHOME‘S。現在はLIFULという名前に変更されています。

こちらのトランクルームはその土地を格安活用するノウハウを生かして他社のものだったトランクルームを再利用している形が多いです。むろんセキュリティなどの分野も管理体制がしっかりなされていて、安心です。

しかし、値段の面では広さによってかなり隔たりがあるのでしっかりと見て確認する必要があるでしょう。

ただ不動産と合わせて収納スペースを見ることができるのは、引っ越しで出た荷物を一時的に預けたりすることもできるので便利です。

おすすめ度
収納タイプ

トランクルーム

コンテナ

ミニボックス

倉庫

バイクコンテナ

エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、山梨、長野、新潟、富山、石川、福井、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、岡山、広島、島根、鳥取、山口、愛媛、香川、高知、徳島、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
月額使用料 1,000円台~(店舗によって価格が異なる)

トランクルームって何?

では一体トランクルームとは何なのでしょうか?
トランクルームとは割り当てられたスペースで自由に物品を置いて行くというよりも、物品を1つ1つ預けた業者に保管、管理してもらうサービスになります。契約上は物品を預ける寄託契約の1つになります。

正式にはトランクルームとは国土交通省の登録許可を受けた業者が運営できる施設のことを指し、保管には登録された倉庫を使用するようです。

荷物の出し入れは業者の方の管理のもと行っていくようなので、自分でやって壊してしまったなどということも少なくなってくるので安心して預けることができるでしょう。またしっかりとした警備業者、または警備機械、施設などを導入している所も多く存在し、警備体制がしっかりしている所も評価できる点です。

楽器、ワイン、書類、その他など分野別にトランクルームを整備している所もあり、預ける人のニーズに合わせている業者も多いので自宅で保管することができないものを安全、安心に保管することができるのもトランクルームの特徴の1つです。

またトランクルームにはそれぞれ種類が存在し、預ける人のニーズによってそれらを選択可能です。主に屋内型(トランクルーム、コンテナトランク)、バイクコンテナなどがあり自分が預けたいものによって最適な環境を整えてくれるところが多いので、安心でしょう。

コストの面も荷物が増えてきたから別の家に引っ越そうとした場合と、トランクルームをレンタルした場合とではコストがかなり違ってきます。トランクルームを使った方がはるかにお得に荷物を整理することができるのです。

しかし、注意しなければいけないのが優良なトランクルームを持つ業者には国土交通省が優良トランクルーム認定をしているということです。認定を受けた業者はそれ専門のトランクルームが国から認められたということになり、認定マークが張られています。マークの下には「保湿」、「定温」、「定湿」などと書かれていてそれに適したものを用意できているということになるでしょう。

トランクルームを選ぶときにはこのような所にも注目して選んでいく必要が出てきます。もちろん料金は格安のモノも多く、場所も様々。業者によって違うのもトランクルームなのです。

そしてトランクルームにはこのようなメリットもありますが、もちろんデメリットも存在します。まず、トランクルームでは営業時間が決められている所が多く、24時間いつでも出し入れ可能というわけではないようです。

さらにトランクルームという場所そのもののセキュリティは厳重に管理されているところが多いですが、実際その中が劣化などにより破損してしまった場合には保証をしてくれる場合は少ないでしょう。これらの点も含めて、トランクルームは日々の生活に徐々に浸透しつつあります。

トランクルームのタイプと向いている荷物について

いくら万能のトランクルームといえど全ての荷物を収納できるわけではありません。上記にも書いたようにトランクルームにも種類があり、自分の荷物に合ったトランクルームを選んでいく必要が出てきます。

トランクルームをうまく使っていくためにも、これをしっかり知っておく必要があるでしょう。トランクルームのタイプには大きく分けてタイプは3つ存在します。

屋内型(トランクルーム)、同じく屋内型(コンテナトランク)、さらにバイクコンテナといった具合になります。それぞれに向いている荷物が存在し、それを知ったうえで預けていく必要が出てくるでしょう。

無理に環境の違うところで預けてしまうと、無駄に劣化させてしまうことにも繋がりかねません。最適でずっと大切な荷物を預かってもらうためにそれぞれの特色を見ていきましょう。

1.屋内型(トランクルーム)

屋内型(トランクルーム)に置けるもの①:貴重な装飾品やコレクション

毛皮や美術品などの普段家に置いておけないようなコレクションなどもトランクルームに預けるには最適でしょう。環境を最適に保つためにはこのような屋内型のトランクルームが最適です。

各々の大事なモノに合った環境にトランクルームはすることが可能なので、うまく使うことができればいつまでも色あせることなく保管することができるでしょう。

屋内型(トランクルーム)に置けるもの②:使わなくなったAV機器

世代が変わるごとにどんどんと古くなっていってしまう機器類。もはや必要ではなくなった磁気テープやVHS、そしてそれを再生するAV機器はお役御免になりつつあります。

そうはいってももしかしたら後に値段が上がるかもしれないなどと考えると中々捨てられない。そんな場合にもコンテナルームが役に立ちます。

上記にも書いたように、トランクルーム内の環境を整えておくことができるので、このようなAV機器を保存状態よく持っておけるでしょう。

屋内型(トランクルーム)に置けるもの③:お店の商品

売れ残ってしまった在庫品などやシーズンオフの製品などをしまっておくにもピッタリです。すぐに出し入れすることが可能なので、急な在庫不足にもすぐに対応することができるでしょう。

お店の拡張倉庫としても活用することができます。

屋内型(トランクルーム)に置けるもの④:会社の大事な書類

セキュリティがしっかりしているので、個人情報などを保管しておく場合にも重宝することができるでしょう。

会社などが大きくなってしまうと同時に個人情報も爆発的に増えてしまいます。また先方からもらった大事な書類などもとっておかなければならないことが多くなるでしょう。

そんな時には警備がしっかり行き届いて、尚且つ収納力のあるトランクルームを選びたいですよね。

屋内型(トランクルーム)に置けるもの⑤:頻繁に出し入れしなければならないもの

出し入れの時間が制限されているといっても、それ以外は自由な出し入れが可能なトランクルーム。今日使って、また今日しまっておきたいといったものにも対応可能になってきます。

特に楽器などは幅もとるし、かといって家置いておくといろいろうるさいしなどといったような悩みが出てくるでしょう。そんな悩みにも柔軟に対応することができるのがトランクルームなのです。

2.屋外型(コンテナトランク)

温度や湿度の影響がないもの

屋外型のコンテナトランクでは日光や環境の変化をかなり受けてしまうところがあるので、シーズンでしか使うことのないレジャー用品や、アウトドア用品などをしまっておくにはこちらの方が便利になってきます。

DIY製品などもモノによっては気温などの影響を受けにくいものが多いので保管しておくのはこちらの方がいいでしょう。

またこのような製品は外にすぐ出せる状態にしておいた方が便利だと考えられるため、やはり屋外型のほうが適しているでしょう。

保険をかける必要のないもの

保険をかけるモノは大事なものがもちろん多いです。屋外型コンテナでは外の状況に左右されてしまう部分が多いため、そういう意味では家具などを閉まってしまうと劣化が進んでしまう可能性が出てくるでしょう。

しかし、逆にいらないものを捨てるまでの間閉まっておけるという点ではまさにうってつけの場所とも言えます。

3.バイクコンテナ

自身の住まいに駐車スペースがなく、せっかくバイクがあるのに置くことができないという人にとってはコンテナルームの1つバイクコンテナがおすすめでしょう。

実際にそのように使っている人も多く、整備用品などを持ち込めばすぐさまバイク用コンテナが自分のガレージに早変わりします。

自分専用のバイクをいじる趣味のスペースにも、保管用の場所にもなるのがバイクコンテナです。

トランクルームを利用する人ってどんな人?

では、トランクルームを利用する人達とはどのようなタイプが多いのでしょうか?

1.部屋を片付けたい人

上記にも説明したとおり、趣味のモノが部屋を埋め尽くしてきた。片付けたいけど、捨てたくはないという人には自分専用の倉庫や物置としてトランクルームがおすすめです。

2.楽器類を預かってほしい人

実際持っていれば楽しく演奏、遊ぶことができる楽器類ですが実際はピアノやギターなどかさばる大きいものが多いです。部屋があまり大きくなかったりする人にとっては、どこにしまうかは悩みのタネになってしまうでしょう。

しかし、トランクルームであればそれも安心。広さも選べる形になっているのが多いため安心です。

3.家族や友人などの思い出をずっと保管しておいてほしい人

大事な家族や友人との記録。ですが、それも積み重なってしまうとだんだんと重たいものになっていってしまうでしょう。

トランクルームであれば警備が行き届いているため、個人情報が流出する心配もなく、尚且つずっと取っておけるのはいいでしょう。

4.長期の旅行をする人

それこそ海外に旅行や出張などに行ってしまって、日本には一年ほど帰ってこないという人にもおすすめです。

長く空けるけど、大事なモノはしっかりと管理してほしいという願いに応えてくれるのがトランクルームでもあります。

5.法人・団体で使用したいという人

会社などで重要な書類や昔の書類をしっかり管理しておく、鍵つきのロッカーのような役割をも担うのがこのトランクルームです。警備もされているので管理体制はしっかりしている所が多いと考えられます。

6.趣味、コレクションを収納したい人

個人でトランクルームを利用したい多くの人がこれに当てはまるかもしれません。多くなりすぎた趣味のグッズや、それこそバイクコンテナなどに入れるバイクをいじるドッグにする人もいるでしょう。

必ずしも収納する場所というイメージではなく、収納しながらそれを干渉したり楽しんだりするスペースにも活用することができるのです。

トランクルームを利用する人が増えている理由

列島を取り巻く環境の変化や、コレクターなどの増加

もともと島国である日本は、土地がそこまで余っているわけではありません。そのため狭いスペースをどれだけ効率よく使用するかということに焦点を置いてきた結果、生まれてきたものの一つがこのトランクルームでしょう。

モノが際限なく増えていく中でもちろんそれを取っておきたいという需要も生まれてきます。その需要にこたえるようにして、空間全部を自分の思ったように使うことができるトランクルームのようなスペースが利用価値を見出され人気になってきたと考えられます。

自分だけの空間がほしい人の増加

煩わしい決まりごとが多い世の中ですが、外では会社で人に揉まれ、帰ったら家族がいてたまには1人っきりで趣味の時間に没頭したいという人も多いでしょう。

トランクルームはそのような人の願いにうまく答えることができるのでやはり利用者が増えているというのもあります。自分だけしかいない空間。

自分のことにひたすら没頭できるような場所というのは少ないです。その数少ない場所となるかもしれないのが、このトランクルームなのです。

トランクルームの最適なサイズの選び方

サイズを確認し、実際に入れるモノを図ってみる

まずホームページなどで紹介されているサイズを見て見ることが大事になってきます。せっかくトランクルームを借りたのに、実際のモノが入らなくては元も子もないでしょう。

まず借りたいトランクルームの大きさ、広さを確認し、自分が収納したいものの大きさを改めて図って照らしなおしてみてください。

場所もしっかり確認

自分が預けたいものによってしっかりトランクルーム自体を見直していく必要は出てきます。例えば、すぐに取り出したり、しまいたいものを郊外のトランクルームに預けては移動が面倒くさくなり逆に不便になってしまうでしょう。

自分の預けたいものは何であって、トランクルームがどこにあるのかをしっかり確認しておく必要が出てきます。

自分の目で見てみることも大事

実際に自分の目でトランクルームを見てみることも大事になってきます。自分の目で見て見なければ、どのような形でどこにあるのか、行き方はどうなのか、周囲の環境は?などといった細かいことが確認できない可能性が出てきます。

自分にとって大事なモノを預ける以上はなるべく大事に、長く保管しておけるコンテナルームを選ぶ必要がありますよね。

格安だからと言って即決しない

値段はそれこそトランクルームによっていろいろ変わってきます。もちろん値段も安く管理体制が行き届いているトランクルームもありますが、中には、もちろんその逆もあるでしょう。

安いからと言って即決はせずにしっかりと吟味して自分に一番合ったコンテナルームを見つけましょう!

サイトマップ